2013.04.01

ドルトムントがCLで激突のマラガを警戒「非常に強く優れている」

マラガへの警戒を語ったピシュチェク [写真]=BVB.jp

 ドルトムントは3日に行われるチャンピオンズリーグの準々決勝ファーストレグでマラガと対戦する。アウェーでの一戦を控え、ポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェクが、意気込みを語った。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 ピシュチェクは、マラガとの対戦を「非常に難しい試合になるだろうね」と予想。「マラガはバルセロナではないけれど、非常に強く、優れたチームであることを証明してきている」と、大会初出場でベスト8に勝ち残っている相手を警戒した。

 ドルトムントは今シーズンのチャンピオンズリーグで、レアル・マドリードらと同居したグループリーグを首位で突破。決勝トーナメント一回戦では、シャフタール・ドネツクを2試合合計5-2で下していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る