FOLLOW US

1回戦敗退のポルト指揮官「何か起こるたびに難しい状況になった」

1回戦敗退となったポルトのビトール・ペレイラ監督 [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のセカンドレグが13日に行われ、マラガとポルトが対戦した。アウェーのポルトは0-2で敗れ、2試合合計スコア1-2で敗退が決定した。

 ポルトのビトール・ペレイラ監督は、試合後、以下のように敗戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えている。

「(スティーブン)ドフールの退場とジョアン・モウチーニョの負傷が試合に影響した。マラガはサポーターの前でとてもアグレッシブに戦っていたよ。特に前半途中から激しくなった」

「我々はイエローカードを受けて思うようなサッカーをできなくなってしまった。モウチーニョの様子がおかしくなり、前半終了間際にゴールを許した。そして後半が始まるとドフールにレッドカードを出され、試合はますます難しくなったね」

「10人になっても反撃し、試合を支配しようと試みたけれど、セットプレーから2点目を奪われてしまった。何か起こるたびに難しい状況になったよ。勝負をひっくり返すためにハメス・ロドリゲスと(クリスティアン)アツを投入し、ボールを支配して主導権を握れるようになったけれど、ひっくり返すことはできなかった。敗退が決まって、我々は悲しみに暮れている。サポーターの悲しみも理解できるが、それは我々も同じだよ」

[写真]=Getty Images

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA