FOLLOW US

CLで逆転目指すヴェンゲル監督「どんなことでも起こり得る」

バイエルン戦の前日会見に臨んだヴェンゲル監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

 アーセナルは13日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグでバイエルンと対戦する。アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が前日会見に臨み、試合への意気込みを語った。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が伝えている。

 ホームでのファーストレグを1-3で落とし、苦しい状況に置かれているアーセナルだが、ヴェンゲル監督は、「逆転という難しいタスクがあるが、不可能ではない。できる限りのプレーをする以外に道はない。フットボールはフットボールで、どんなことも起こり得る。決意と規律のバランスが求められる。我々は多くの経験があるし、過去にヨーロッパの各地で勝利してきた。自分たちを信じ、クオリティを示す。みんなを驚かせたいね。けが人もいるが、多くの優秀な選手がいる。弱点のないチームなどいない。もちろんバイエルンの弱点を今言うつもりはないが、どのチームも持っているものだ。明日は試練だ。メンタリティが試される」と、逆転は可能だと強調している。

 また、「バイエルンは優位だし、自信もある。強い精神力も持っているし、自分たちの力に疑いを感じていない。もしかしたら、彼らとの差は、それかもしれない。私も選手を信じている。私のチームと、その姿勢に敬意を持っている。現状は報われていないが、明日それが起こるかもしれない」と続け、バイエルンとの力量差があることを認めている。

[写真]=Bongarts/Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO