FOLLOW US

12季ぶりCL8強のガラタサライ監督「選手にハグしてキスする」

ベスト8入りを決め、喜ぶテリム監督(中央) [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが12日に行われ、日本代表DF内田篤人の所属するシャルケとガラタサライが対戦。アウェーのガラタサライが3-2と競り勝ち、2試合合計スコアでも、4-3と上回り、2000-2001シーズン以来となるベスト8に進出した。

 試合後、ガラタサライのファティ・テリム監督は、以下のように勝利を振り返った。『UEFA.com』が伝えている。

「これでヨーロッパのベスト8に入ることができた。トルコとガラタサライの全てのファンは今回の成功を喜ぶべきだよ。ドイツまで試合を見守りに来てくれたサポーターたちには、感謝したいよ。そして選手全員を祝福したいね。全員をハグしてキスするつもりだよ」

「時として、運動量やタックルが不十分だと言われるチームだが、この試合では見違えるように、ピッチ上でチームのためにプレーしていた。前半はヨーロッパの強豪チームのようなサッカーができた。先制されるまでにも、決定的なチャンスを3つは作り出していた」

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO