FOLLOW US

大逆転でCL8強のバルサ「選手自ら特別だということを証明した」

ゴールを挙げたメッシ(10番)を中心に喜びを爆発させるバルセロナ [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが12日に行われ、バルセロナとミランが対戦。ホームのバルセロナが4-0と大勝し、2試合合計スコアでも4-2と上回り、準々決勝に進出した。

 試合後、バルセロナの監督代行を務めているコーチのジョルディ・ロウラ氏は、以下のように勝利を振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

「スタンドの観客がカギになったね。彼らは素晴らしかったよ。サポーターの支えは本当に力になったんだ。我々は逆転しなければならないことがわかっていた。ワンサイドをもう1つのサイドよりも大きく開けた。センターFWを中心にプレーを展開して、相手のセンターバックが動けないようにしたんだ」

「ハーフタイムには我々が望んでいる(2点差)ところにいた。だから残りは落ち着くように、と選手達には話したよ。 3点差になってからは正直なところ難しかったね。どんなことでも、難しい状況に追い込まれる場合があったんだ。うまく時間をコントロールし、4点差で全てを終われた。(療養中である監督の)ティト・ビラノバもすごく幸せだよ。次回は、彼がベンチにいることができるだろうね」

「選手達は特別だ。彼らは最近、値しない批判をかなり受けたと思うが、自ら特別な選手だということを証明したよ。だからこそ、彼らを誇りに思う。非常に満足しているよ。プレーすることは何かという素晴らしい授業を私達はレオ(2得点のリオネル・メッシの愛称)に受けている。彼は本当に素晴らしい選手で、優秀な仲間がいることで更に彼を作り上げているのだろう」

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO