FOLLOW US

内田先発のシャルケ、ガラタサライに逆転負け喫しCL16強で敗退

ドログバらと対峙したシャルケの内田 [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが12日に行われ、日本代表DF内田篤人の所属するシャルケとガラタサライが対戦。内田は先発出場した。

 アウェーでのファーストレグを1-1で引き分けていたシャルケは、ホームでのセカンドレグに臨むと、17分に先制点を奪った。ジェフェルソン・ファルファンが右CKを蹴ると、ゴール前で混戦が発生。最後は、ロマン・ノイシュテッターが左足でシュートを蹴り込み、ゴールネットを揺らした。

 先行したシャルケだったが、37分にセットプレーからハミト・アルトゥントップに強烈なミドルシュートを叩き込まれて同点ゴールを奪われると、42分にはカウンターからブラク・ユルマズにも得点を許してしまい、試合をひっくり返されてしまった。

 逆転を許したシャルケは、63分に内田のアシストからミシェウ・バストスが同点ゴールを挙げた。しかし、試合を振り出しに戻したが、勝ち越し点までは奪えずにいると、後半ロスタイムにガラタサライのウムト・ブルトに得点を許してしまい、2-3と敗戦。2試合合計スコアでも、3-4と下回り、大会から姿を消した。なお、内田はフル出場している。

 準々決勝の組み合わせは、15日に行われる抽選会で決定。ファーストレグは4月2日と3日に開催される。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO