2013.03.11

シャルケ内田「CLで特別うまいと感じたのはマンUのルーニー」

内田篤人
内田の所属するシャルケは、グループリーグを首位突破していた [写真]=千葉格

 シャルケに所属する日本代表DF内田篤人が、『ワールドサッカーキング』(0307号/No.248)のインタビューに応じ、自身2度目の出場となっているチャンピオンズリーグで得た感覚を明かした。

 内田は、対戦する世界のトップレベルのチームについて、「一人ひとりの選手が《勝つ術》を知っています。我慢する時間帯、攻める時間帯、それをチーム全体が連動して表現できる。個々の選手が頭で分かっていても、チーム全体で動くのはすごく難しいこと。もちろん試合は相手あってのものですけど、どんな状況でも《自分たちの時間》を作れるチームが本当に強いチームだと思います」と語り、自身の肌感覚を交えて解説した。

「どの選手も点が取れるし、どの選手も守れる。相手に回すとボールの取りどころがないので、結局、こちらは守るしかなくなってしまう。そういう感じです。あとは、強豪チームには必ず一人、スター選手がいて、その選手に試合を決められてしまうことが多いですね」

 対戦相手で「特別にうまい」と感じた選手については、マンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーの名前を挙げ、「ボールを持ったときはもちろん、持っていない局面でも、彼がいるだけでディフェンスはかなり怖くなりますよね」とコメント。対峙した際の実感を明かした。

 シャルケは、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でガラタサライと対戦。2月20日にアウェーで行われたファーストレグでは1-1と引き分け、12日にホームでのセカンドレグに臨む。

[写真]=千葉格

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る