2013.02.21

CLでシャルケに追いつかれたガラタサライ監督「イーブンな試合」

 チャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦ファーストレグが20日に行われ、ガラタサライが日本代表DF内田篤人の所属するシャルケとホームで対戦。12分にトルコ代表FWブラク・ユルマズの得点で先制したが、前半のロスタイムにアメリカ代表MFジャーメイン・ジョーンズにゴールを許して、1-1で引き分けた。

 試合後に、ガラタサライのファティ・テリム監督は、以下のようにホームでのドローを振り返った。『UEFA.com』が伝えている。

 テリム監督は、「良いプレーで序盤に先制したものの、前半終了間際にミスから追いつかれてしまった」と、失点シーンについてコメント。続けて、「我々には失点以前にも2点目を奪うチャンスが何度かあった。一方、シャルケも後半に逆転できるチャンスを作っていた。いずれにせよ、イーブンな試合だったよ」と、試合の印象を語った。

 なお、セカンドレグは、シャルケのホームで3月12日に行われる。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る