2013.02.14

古巣から同点ゴールのC・ロナウド「マンUには特別な愛着がある」

ロナウド
C・ロナウドは、ヘディングで同点ゴールを挙げた [写真]=ムツ カワモリ

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のファーストレグが13日に行われ、レアル・マドリードと日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uが対戦し、1-1の引き分けに終わった。

 30分に同点ゴールを挙げたレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、ホームでの引き分けを以下のように振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

 C・ロナウドは、「激しい戦いが展開されたね。ユナイテッドの守備は非常に堅く、苦戦を強いられた。もっと得点できたはずだね。チャンスは作ったが、決定力が欠けていた」とコメント。「アウェーでも勝ち抜ける可能性はあると思うよ。僕らは常に主導権を握っているし、勝ちにいくつもりだよ」と、敵地でのセカンドレグへ向けた自信も口にした。

 古巣との対戦を終えた感想については、「6年間プレーしたクラブで、特別な愛着がある。いつでも勝ちたいと思っているけれど、相手をリスペクトもする。色々と良くしてもらったからね」と語るとともに、所属クラブとの結びつきも強調した。

「ゴールのリプレイは見ていないよ。美しいゴールだと聞いたけれど、大事なのはチームのことなんだ。もし、いつか移籍することがあって、マドリードを相手にプレーするとしたら、ゴールパフォーマンスは控えるよ。マンチェスターにはファミリーを残してきたし、オールド・トラッフォードを再び訪れることができるのは嬉しい。見応えある試合になるよ」

 アウェーゴールを奪われてのドローとなったが、「何も失ってはいない。まだ重要な試合が残っていて、時に敵地での方がより良いプレーができることもある。難しい試合になるだろうが、突破できることを願っているよ。1-1の結果はパーフェクトではないけれど、敵地で良いプレーをしないといけないね」と語り、次戦に向けて気を引き締めた。

 マンチェスター・Uのホームで行われるセカンドレグは、3月5日に実施予定。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る