2013.02.14

ホームで引き分けたレアルのモウリーニョ監督「勝ち抜けは50%」

レアル・マドリードを率いるモウリーニョ監督 [写真]=ムツ カワモリ

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のファーストレグが13日に行われ、レアル・マドリードと日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uが対戦し、1-1で引き分けた。

 試合後、レアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督が、ホームでの引き分けを以下のようにコメントした。クラブの公式HPが伝えている。

「勝ち抜けの確率はまったくの50パーセントだね。相手はアウェーで得点したが、我々が敵地で1点を挙げることは十分に可能だよ。イギリスの文化から考えても相手が次回、今日のようなプレーをするとは思わないね。素晴らしい選手がいる相手を十分に警戒しながらも、自信は揺るがず、勝ち抜けると考えているよ。我々はアウェーで得点し、勝つことができる」

「1ゴール以上を挙げるための十分なチャンスがあり、終始主導権を握った。我々は守備を固めるチームと戦ったんだ。相手は自分たちのプレーをして、望む結果を手にしたのだから批判する気はないよ。我々は敵地で得点するだけのパーフェクトな状態にある。多くのチームが今シーズンにそれを実現させているが、どのチームも我々のような攻撃力は持っていないよ」

「相手を批判することなんてできない。彼らは自分たちの仕事をして、しっかり守り、スペースを消しに来た。もしかすると、勝とうとはしなかったかもしれない。それでも攻撃に良い選手たちがいて、何もないところからチャンスを作ってゴールを奪うことができる。シャビ・アロンソがゴール前でクリアしなければ1-2となっていたこともあり得た。相手は守備的でも自分たちの仕事をして、チャンスを手にした。満足してここを去ることになるが、同時に我々が同じことをできるということも分かっている」

 セカンドレグは、マンチェスター・Uのホームで3月5日に行われる。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る