2013.02.14

香川が先発したマンU、敵地でのCLレアル戦は追いつかれてドロー

香川真司
先発出場した香川(手前)は、後半途中までプレーした [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のファーストレグが13日に行われ、レアル・マドリードと日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uが対戦。香川は先発出場した。

 敵地に乗り込んだマンチェスター・Uは、序盤からレアル・マドリードに攻め込まれ、6分には、ファビオ・コエントランにポスト直撃のシュートを放たれた。しかし、劣勢を強いられる中の20分にマンチェスター・Uが先制点を奪取。香川が得たCKをウェイン・ルーニーが蹴ると、ダニー・ウェルベックがヘディングで合わせて、レアル・マドリードゴールを揺らした。

 アウェーゴールを挙げたマンチェスター・Uだが、得点後は再び押し込まれる展開になると、30分にアンヘル・ディ・マリアのクロスからクリスティアーノ・ロナウドに打点の高いヘディングシュートを叩き込まれ、試合を振り出しに戻されてしまった。

 イーブンスコアで迎えた後半も、レアル・マドリードに攻勢をかけられると、53分にディ・マリアに際どいミドルシュートを放たれ、61分にはゴール前でコエントランの決定的なシュートを浴びてしまう。65分には香川に代え、ライアン・ギグスを投入して、局面の打開を図った。

 マンチェスター・Uは、72分にカウンターからロビン・ファン・ペルシーが右足でGKの手を弾きながらポストに直撃する強烈なシュートを放つ。直後にも再びファン・ペルシーがGKとの1対1となる絶好機を得るが、シュートはゴール寸前で相手DFにクリアされてしまい、勝ち越し点には至らなかった。

 マンチェスター・Uは、試合を通じて押し込まれる展開が続いたが、レアル・マドリードに追加点を許さず、1-1のドローで敵地でのファーストレグを終えた。なお、セカンドレグは、マンチェスター・Uのホームで3月5日に行われる。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る