2013.02.13

モウリーニョ監督「マンUは良く知る相手。戦い方は分かっている」

マンU戦に自信を見せたモウリーニョ監督

 13日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のファーストレグで、レアル・マドリードと日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uが対戦する。


 前日会見に臨んだレアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督が、マンチェスター・Uに敬意を示しつつ、ビッグマッチを心待ちにしている。『UEFA.com』が伝えている。

 チャンピオンズリーグの再開を目前にしたモウリーニョ監督は、「優勝できないことが失敗だとは思わない。優勝したことのない偉大なチームや監督もいる。レアル・マドリードは“デシマ”(10度目のヨーロッパ制覇)を目指し、私にも3度目のチャンピオンズリーグ優勝が懸かっている。2度の優勝でキャリアを終える気はない」と語った。

 また、名門同士のビッグマッチとなることについて、「会見場の人の多さからも世界の注目度がわかる。我々が望む偉大な試合をみんなが待ち焦がれている」とコメントしたモウリーニョ監督は、「全員が楽しみにしている。どの選手もそうだ。明日スタメン落ちした選手はフラストレーションが溜まってしまうかもしれない。だが、先発で送り出す選手の心配はしていない。このようなビッグマッチでプレーしたいと望んでいるからね」と、選手たちのパフォーマンスに期待している。

 チェルシー指揮官時代にマンチェスター・Uと幾度となく対戦したモウリーニョ監督だが、「イングランドのサッカー文化や(対戦相手の)サー・アレックス・ファーガソンはよく知っている。彼らもまた、良い試合を見せようと思っているだろう。戦術面でハードワークしてきたし、戦い方も分かっている」と、マンチェスター・U攻略に自信を見せる一方、「我々は偉大なチームや監督、選手と対峙することを望んでいる。マンチェスター・ユナイテッドは全てを有しているね。サー・アレックス・ファーガソンとは同じタイミングでキャリアを終えるだろう。彼が90歳で私は70歳だ」と、対戦相手を称えることも忘れなかった。

 試合のキーマンとしては、「素晴らしい選手たちが所属しており、クリスティアーノ・ロナウドだけが特別とは思っていない。でもサッカーのことについて語るならば、彼は別の惑星から来た選手だ」と、古巣対決に臨むエースの名前を挙げている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング