2013.02.13

ホームで敗れたバレンシア指揮官「パリSGは本当に強かった」

ラベッシとパストーレの得点で、パリSGが先勝している [写真]=ムツ カワモリ

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のファーストレグが12日に行われ、バレンシアとパリSGが対戦。アウェーのパリSGが、2-1と先勝した。

 試合後、バレンシアのエルネスト・バルベルデ監督が敗戦を以下のように振り返った。『UEFA.com』が伝えている。

「相手は本当に強く、カウンターのたびに危険な場面を作られてしまった。実際に我々はしたたかさが足りず、ボールを簡単に奪われていたため、互角に戦えなかった。それでも1点は返したが、チャンスはいくつかあった。それを考えると、我々にも希望はあるよ」

「前半はサイドをうまく使えなかったね。カウンターが相手のストロングポイントであることは分かっていた。相手には非常に優れた選手がいることを頭に入れて置かなければならない。今回のパフォーマンスを基準にすれば、セカンドレグも難しい試合になるだろうね。アウェーゴールを奪う必要があるから、とにかく全力を尽くすまでだよ。点差は厳しいものだが、戦いはまだ終わっていない」

 なお、パリSGのホームで行われるセカンドレグは、3月6日に実施予定。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る