2013.02.13

ドルトムント、ギュンドアンとグロスクロイツのCL欠場が決定

シャフタール戦の欠場が決まったギュンドアン [写真]=BVB.jp

 ドルトムントは13日、敵地でチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦ファーストレグ、シャフタール戦を迎える。しかし、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンとDFケヴィン・グロスクロイツが遠征に帯同せず、欠場することとなった。日本語版クラブ公式HPが伝えている。


 グループリーグで5試合に先発出場したギュンドアンだが、現在は太ももとつま先を故障している。感染症のグロスクロイツもドイツに残ることとなった。また、ドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーは11日の練習中に足首を痛め、メンバー入りは果たしたが、出場が危ぶまれている。一方で、ふくらはぎを痛めていたセルビア代表DFネヴェン・スボティッチは、10日に行われたリザーブチームとの親善試合に出場しており、シャフタール戦での起用が見込まれる。

 守護神のドイツ人GKロマン・ヴァイデンフェラーは、「一般の人たちは、シャフタールがどれほど危険なチームかを、あまり知らないのかもしれないね」とコメントし、厳しい戦いになることを予想している。

[写真]=BVB.jp

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
49pt
レスター
39pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
ボルシアMG
31pt
ドルトムント
29pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
35pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング