2013.02.13

レアルのS・ラモス、マンU戦を控え「V・ペルシーは悩みの種だ」

ファン・ペルシーに強い警戒感を示したセルヒオ・ラモス [写真]=ムツ カワモリ

 いよいよマンチェスター・Uとのチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦ファーストレグを迎えるレアル・マドリード。

 この大一番を前にイギリス紙『ガーディアン』とのインタビューに応じたスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、プレミアリーグで2位マンチェスター・Cに12ポイント差を付けて首位を独走する相手について自身の見解を述べた。

「僕の父は、子供の頃はユナイテッドのファンだった」との意外な逸話を披露したセルヒオ・ラモスは、「でも、今は家族全員がセビージャとレアル・マドリーを応援しているから、僕の心が裂かれることはないよ」と述べ、名門同士の一戦への胸の高鳴りを示した。

「ユナイテッドとの対戦は本当に嬉しい。クラブの価値や歴史など、プレミアリーグにおける彼らは、リーガ・エスパニョーラにおけるレアル・マドリーのようなものだ。クラブが示し続けてきた哲学や、選手が叩き込まれる理想のプレースタイルは、僕たちのものに似通っていると言えるだろう」

 セルヒオ・ラモスはまた、プレミアリーグの得点ランキングで首位に立つオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーを筆頭とするマンUの強力な攻撃陣を警戒した。

「ファン・ペルシーはスピードに優れ、キックの精度が抜群に高い。さらに今の彼は素晴らしいコンディションにある。僕たちにとっては悩みの種だよ。一方、(ウェイン)ルーニーは異なるタイプのフォワードで、動きの質と量を兼ね備えたうえ、球際の強さを誇る。さらに彼らには、残り30分で出てきて簡単に2ゴール奪ってしまうチチャリート(ハビエル・エルナンデスの愛称)もいる。ユナイテッド相手には、たった1つのミスが敗退につながる」

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る