FOLLOW US

C・ロナウド「CLはサッカーの最高峰、レアルで再び勝ち取りたい」

古巣マンチェスター・Uとの対戦を楽しみにしているロナウド[写真]=ムツ カワモリ

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、13日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、マンチェスター・U戦を前にタイトルへの意気込みを語った。クラブ公式HPが紹介している。

「マンチェスター・Uと対戦することを長い間願っていて、そのときが来た。あそこには6年いたからたくさんの友達がいるし、感情の詰まった試合になるだろう。彼らとの再会を楽しみにしている」

「優勝候補の1つと対戦するんだから、相手はこれ以上ないほどの真剣さで挑んでくるだろう。とても連帯感のあるマンチェスター・Uはイングランドで最高のチームなので、非常に難しい試合になるだろう。アウェーならば尚更だ。でも、僕から見てレアル・マドリードの方が良いチームだし、僕らはそれをピッチで証明するよ。」

「僕はチャンピオンズリーグを最も制してきたクラブにいる。それは素晴らしいモチベーションであり誇りだ。でも過去は過去で、重要なのは現在だ。レアル・マドリードは通算10度目の大会制覇(デシマ)を狙っている。それはファンが望み僕らが狙っているもの。とても難しいことだが、チームはその準備をしていて、全員が同じ方向へ漕ぎ出していくべきだ」

「チャンピオンズリーグはサッカーの最高峰だ。魅力的で、選手たちの好プレーが人々に記憶されている。チャンピオンズリーグは選手にとって最高の舞台だし、僕は心地よく、プレーを楽しんでいる。シーズンでどれだけ疲労しようとも、大変な取り組み、犠牲、規律を強いられても、チャンピオンズリーグを勝ち取るというのはほかにはない唯一のものだ。できることならレアル・マドリードで再び経験したい」

[写真]=ムツ カワモリ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO