2012.11.22

批判集中のシャフタールFWに処分か…フェアプレーに背いた得点を問題視

フェアプレーの精神に背いたとし、処分の可能性が浮上

 UEFA(欧州サッカー連盟)は21日、シャフタール・ドネツクに所属するブラジル人FWルイス・アドリアーノに対して、懲戒手続きを取ると発表した。

 ルイス・アドリアーノは、20日に行われたチャンピオンズリーグのグループリーグ第5節のノアシェラン戦でハットトリックを達成していた。しかし、26分に挙げた1点目は選手の治療のため試合が止まり、ドロップボールでのプレー再開直後に誕生。シャフタールの選手が自陣からノアシェラン側にボールを返すために大きく蹴りだしたところ、ルイス・アドリアーノが反応。ボールに追いつきそのままドリブルで GKをかわし、得点していた。

 試合直後からルイス・アドリアーノの得点は、フェアプレーに背いたゴールだと批判が集中。大きな物議を醸していた。UEFAは、ルイス・アドリアーノのプレーを懲戒規定第5条の行動理念への違反にあたると問題視。27日に懲戒委員会が事情聴取を行うと発表した。

 なお、シャフタールは敵地でのノアシェラン戦で5-2と逆転勝利を収め、決勝トーナメント進出を決めていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る