2012.11.22

決勝T進出を決めたモウリーニョ「2度優勝したが、いずれも2位通過だった」

タイトルのジンクスを語ったモウリーニョ

 21日にチャンピオンズリーグのグループリーグ第5節が行われ、「死の組」グループDではレアル・マドリードがマンチェスター・Cと引き分け、勝ち点8で2位通過を決めた。『UEFA.com』がレアルのモウリーニョ監督のコメントを伝えている。

 モウリーニョ監督は、「勝てた試合だったが、突破に必要な勝ち点1を取りに行った」と終盤は引き分け狙いの戦いをしていたと明かした。73分にスペイン代表DFアルバロ・アルベロアが退場となったことも影響したようだ。

 ドルトムントに次ぐ2位での通過となった結果については「これまで2位通過したのは2回だが、そのどちらも優勝している。逆に1位通過では優勝していない」とタイトル獲得のジンクスを明らかにした。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
レヴァークーゼン
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る