2012.11.22

決勝T進出を決めたドルトムント監督「後半に選手たちは完全に目覚めた」

 21日にチャンピオンズリーグのグループリーグ第5節が行われ、「死のD組」ではドルトムントとアヤックスが激突。4-1でドルトムントが勝利し、1節を残して決勝トーナメント進出を決めた。

 ドイツ誌『キッカー』は「誰もが目にしたように、決して簡単な試合ではなかった。アヤックスの方が遥かにボールをキープしていたよ」とドルトムントのユルゲン・クロップ監督のコメントを伝えた。同監督が語ったように、ドルトムントのボール支配率は32パーセントにとどまっていた。

 しかし前半終了間際に3点目を決め、試合を決定付けたことに関しては「得点シーンは素晴らしかったし、良い時間帯に決めてくれたと思っている。後半に選手たちは完全に目覚め、良いプレーを見せてくれた」と勝ち点3を手にしたチームを称賛した。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る