2012.11.21

フェアプレーに反したシャフタールの得点に批判が集中「敬意が感じられない」

今シーズンのCLグループリーグで全試合に出場しているルイス・アドリアーノ

 チャンピオンズリーグのグループリーグ第5節が20日に行われ、グループEではノアシェランとシャフタール・ドネツクが対戦。アウェーのシャフタールが5-2で勝利した。

 敵地で逆転勝利を収めたシャフタールはグループリーグ突破を決めたが、1-1の同点ゴールとなったブラジル人FWルイス・アドリアーノの得点が物議を醸している。イギリス紙『デイリーメール』など、海外の複数メディアが報じた。

 26分に生まれたシャフタールの同点ゴールは、選手の治療のため試合が止まり、ドロップボールでのプレー再開直後に誕生。シャフタールのブラジル人MFウィリアンが自陣からノアシェラン側にボールを返すために大きく蹴りだしたところ、ルイス・アドリアーノが反応。ボールに追いつくと、そのままドリブルでGKをかわし、得点してしまった。

 思いがけないプレーで呆気に取られたノアシェランだが、ルイス・アドリアーノの得点後も試合は通常通り再開。29分にはノアシェランが勝ち越しゴールを奪うが、その後はルイス・アドリアーノに2得点を許してハットトリックを記録されるなど、4点を追加されて逆転負けを喫した。

 試合後、ノアシェランのキャプテンであるデンマーク人MFニコライ・ストックホルムは、「キャプテンマークを見たら敬意について思い出すものだけど、相手からはそんなものは全く感じなかったと言えるね」とコメント。「我々はシャフタールがゴールを与えてくれると思っていたよ。彼らの半分の選手もそう思っていたようだが、残りの半分は違ったね」と失望を隠さなかった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る