2012.11.21

CL敗退危機のチェルシーのディ・マッテオ監督「チームを立て直す必要がある」

グループリーグの大一番で敗戦を喫したチェルシー

 チャンピオンズリーグのグループリーグ第5節が20日に行われ、グループEではユヴェントスと前回大会王者のチェルシーが対戦。ホームのユヴェントスが、3-0で快勝した。

 グループ3位に転落したチェルシーのロベルト・ディ・マッテオ監督は試合後、敗戦を以下のように振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

「ユヴェントスに勝てると私は思っていた。最初のチャンスを作った(エデン)アザールは、(1トップとして)役割を上手くこなしていたよ。前線でボールをキープして、絶妙なパスも出していた。どこか1カ所ではなく、さまざまな角度からユヴェントスを苦しめたいと思っていたんだ。アザールはその意図をくみ、相手のセンターバックをかき乱してくれた。結果が悪いと全てが問題視されるが、とにかくもう一度、チームを立て直す必要があるね」

「1点目はシュートの方向が変わったので不運だと思うが、それでも失点したことは確かで、守備を固めて勝ちにいかなければならない。そうでないと痛い目に遭うんだ」

「突破の可能性は残っているので、希望は捨てていないよ。ビッグクラブでは少しでも悪い結果が続くとプレッシャーを感じるものだよ。チェルシーでも最初からそうだった。我々はこのプレッシャーを跳ね返し、選手たちを立ち直らせなければならない。これまでも全員で力を合わせ、長い旅路を一緒に戦ってきたからね」

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る