2012.11.21

バイエルンとバレンシアの直接対決はドロー…ともにCL決勝T進出

勝ち点で並ぶチーム同士の対戦は、ドロー決着となった

 チャンピオンズリーグのグループリーグ第5節が20日に行われ、グループFではバレンシアとバイエルンが対戦した。

 勝ち点9で並ぶ両チームが対戦した試合は、33分にバレンシアのアントニオ・バラガンが2枚目の警告を受けて退場処分となるが、前半はスコアレスで折り返した。

 後半に入ると、77分に数的不利となっていたホームのバレンシアが先制。左サイドのソフィアヌ・フェグリが左サイドからドリブルで切れ込み放った左足シュートが相手に当たり、ゴールに吸い込まれた。

 しかし、スコアが動いた後の82分にはバイエルンがすぐさま同点に追いつく。右サイドのフィリップ・ラームのクロスをマリオ・ゴメスが繋ぎ、最後はトーマス・ミュラーが得点した。

 振り出しに戻った試合は、互いに決勝点を奪えずに1-1のまま試合終了を迎えた。なお、グループFのもう1試合で、勝ち点6のBATEボリソフがホームで最下位のリールに0-2と敗戦。この結果、勝ち点10のバイエルンとバレンシアのグループリーグ突破が決まった。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る