2012.11.09

セルティック、CL過去7季において最低支配率でバルサに勝利

メッシを中心としたバルセロナの攻撃をしのいだセルティック

 チャンピオンズリーグ・グループリーグ第4節が7日に行われ、セルティックがホームでバルセロナを2-1で撃破した。


 圧倒的に押し込まれながら勝利したセルティックだったが、イギリス紙『ガーディアン』が試合のデータを発表。セルティックのボール支配率が約16パーセントであったとし、2006-07シーズン以降のCLにおいて、最低支配率で勝利したチームになったと報じている。


 なお、2位は2011-12シーズンの準決勝ファーストレグでチェルシーがコートジボワール代表FWディディエ・ドログバ(現上海申花)の1得点を守りきり、バルセロナに勝利した試合。3位は、2009-10シーズンのグループリーグでルビン・カザンが敵地でバルセロナを2-1で下し、金星を挙げた試合となった。


 チャンピオンズリーグにおいて、勝利したチームのボール支配率が低かった試合は以下の順となっている。


■チャンピオンズリーグ、勝利チーム最低支配率ランキング

1位 セルティック 2-1 バルセロナ(2012年11月7日/16.36%)

2位 チェルシー 1-0 バルセロナ(2012年4月18日/20.92%)

3位 バルセロナ 1-2 ルビン・カザン(2009年10月20日/24.93%)

4位 ウニレア・ウルジチェニ 1-0 セビージャ(2009年11月24日/26.51%)

5位 ブラガ 0-2 CFRクルージュ(2012年9月19日/28.6%)

6位 インテル 3-1 バルセロナ(2010年4月20日/28.99%)

7位 ブラガ 2-0 アーセナル(2010年11月23日/29.24%)

8位 CFRクルージュ 2-1 バーゼル(2010年9月15日/29.44%)

9位 ナポリ 2-1 マンチェスター・C(2011年11月22日/29.93%)

10位 バイエルン 0-2 インテル(2010年5月22日/30.76%)


[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る