FOLLOW US

バルセロナがセルティックに敵地で敗れ、今季のCLで初黒星

バルセロナは何度もゴールに迫ったが、逆転勝利はならなかった

 チャンピオンズリーグのグループリーグ第4節が7日に行われ、グループGではセルティックとバルセロナが対戦した。

 3戦全勝でグループ首位に立つバルセロナは、アウェー戦ながらボールを圧倒的に支配して試合を優位に運ぶ。ところが、先制したのは劣勢だったセルティック。21分にビクター・ワニアマがチャーリー・マルグルーのCKをヘディングで叩き込んだ。

 バルセロナは失点後も、リオネル・メッシやアレクシス・サンチェスが決定的なシュートを放つが、それぞれクロスバーとポストに阻まれ、同点ゴールはならなかった。

 1点ビハインドのまま迎えた後半も攻勢を続けるが、セルティックのGKフレイザー・フォースターが好セーブを連発。同点ゴールを奪えずにいると、83分に2失点目を喫する。フォースターのキックからトニー・ワットに抜け出され、ゴールを割られた。

 バルセロナは後半ロスタイムにメッシが得点したが、1-2で敗戦。今シーズンのチャンピオンズリーグで、初黒星を喫した。

[写真]=Getty Images

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA