2012.10.25

レアルのGKカシージャス「敗戦は求めていなかった結果だ」

 チャンピオンズリーグのグループリーグ第3節が24日に行われ、グループDのレアル・マドリードはアウェーでドルトムントと対戦し、1−2で敗れた。キャプテンのスペイン代表GKイケル・カシージャスは試合を振り返り、「今回の敗戦で次の試合が重要になった」とコメントした。クラブ公式HPが伝えている。

「守備陣は良い状態だったと思うよ。向こうは僕らの左サイドをそれほど攻めて来なかったとはいえ、相手が得意としているセットプレーをしっかりと守れた。ペペがボールを失ったシーンが先制点につながったという意味では、僕らに運が無かったけど、僕らはもう少ししっかりとプレーしなければならなかった。アウェーゲームっていうのはいつだって難しいものだけど、敗戦は求めていなかった結果だよ」

「ドルトムントは僕らより力を出していた。この敗戦で次の第2戦がとても重要になった。この先の試合がこれまでとは違うものになることは間違いないね」

 レアル・マドリードは、2勝1敗の勝ち点6のままとなり、勝ち点を7まで伸ばしたドルトムントに首位を明け渡している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る