2012.10.25

進退が注目されるミラン指揮官、マラガに敗れ「次のジェノア戦に集中する」

 チャンピオンズリーグのグループリーグ第3節が24日に行われ、グループCのミランはアウェーでマラガと対戦。ホアキンのゴールを守りきったマラガが1-0で勝利しグループリーグ3連勝を飾った。この結果、勝ち点を9に伸ばしたマラガがグループ首位をキープ。勝ち点4のままのミランはグループ2位につけている。

 今シーズンのセリエAで結果の出ないミランは、この試合の結果にマッシミリアーノ・アッレグリ監督の進退がかかっているとの報道もあり、今後の動向が注目される。試合後にアッレグリ監督が以下のように語っている。ミランの公式HPが伝えた。

 試合を振り返り、「試合全体で見れば、我々が劣勢だった時間は多くなかった。チームはいいパフォーマンスだったし、システムもうまく機能していた。ただ最後のパスの質が欠けていたよ。だが今は、次のジェノア戦に勝つことに集中しなくちゃいけない。チャンピオンズリーグの順位はポジティブなものだ。リーグ戦で勝ち点を取ることのほうがより重要なんだ」と語り、監督続行に意欲を見せたアッレグリ監督。

 システムを3バックに変更したことについては、「このチームは戦術面の理解力が高い。今日の試合は、非常にクオリティの高い相手チームに少し遅れをとっただけだ。3バックのいい出発点になったよ。タフなチームのジェノアを破れば、さらに良くなるだろう。今日も守備は良かった。前線が少しもの足りなかったんだよ」と語っている。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る