2012.10.25

ホームでの敗戦にアーセナル主将フェルメーレン「本当にがっかりしている」

 チャンピオンズリーグのグループリーグ第3節が24日に行われ、グループBのアーセナルは日本代表DF内田篤人が所属するシャルケと対戦。アウェーのシャルケが2-0で勝利した。この結果、シャルケが勝ち点を7に伸ばし、勝ち点6のアーセナルをかわしてグループ首位に浮上している。

 試合後、アーセナルの主将を務めるベルギー代表DFトーマス・フェルメーレンが以下のように語っている。『スカイスポーツ』が伝えた。

「僕らは本当にがっかりしている。土曜日(ノリッジ戦)にも敗戦しているし、今日はいい結果を望んでいたんだ。だが同じストーリーになってしまった。得点のチャンスを十分につくることができなかった。相手に1点を取られ、勢いづかせてしまったよ」

 ノリッジ戦から改善できなかった理由を問う質問には、「説明するのは難しいよ。いい状態に戻そうとしていたんだけどね」と答え、続けて「チームはこれまで、強い組織力と高い技術力を持ってやってきた。それでも、時には切り抜けるのが困難な試合もあるんだ」と語っている。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る