2012.10.24

強敵との一戦に臨むクロップ監督「これほどまでに強いレアルは記憶にない」

レアル戦を前にドルトムント指揮官が心境を明かした

 レアル・マドリードと対戦する24日のチャンピオンズリーグ・グループリーグ第3節を前に、ドルトムントを率いるユルゲン・クロップ監督が以下のように語っている。『UEFA.com』が伝えた。

「レアルの試合はかなり見たが、(3日の)アヤックス戦のパフォーマンスはすごかった。戦術が浸透している上にプレースピードや気迫も素晴らしい。テクニックの質も高く、強烈な印象が残っている。これほど強いレアルは、これまでの記憶にないくらいだ。だが、アヤックスとの試合で目立っていたマルセロら、何人か負傷者がいることは救いだ」

「我々は相手ボールの時も全力でプレーする必要があるだろう。シャビ・アロンソやアンヘル・ディ・マリアもきっちりケアしなければならない。もちろんクリスティアーノ・ロナウドもだ。スピードに乗られると手がつけられないからね」

「敵地でマンチェスター・Cと引き分けた前節では、自分たちのサッカーができれば我々は強いんだということを、改めて感じることができた。それができれば相手も苦しい。レアルの選手全員に、厳しいマークを受けている気分になってもらうよ」

[写真]=千葉格

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る