2012.10.24

CL3戦連続のドローに、ブッフォン「引き分けはゲームの内容を反映していない」

 チャンピオンズリーグのグループリーグ第3節が23日に行われ、グループEのユヴェントスはアウェーでノアシェランと対戦。1-1の引き分けに終わり、これでユヴェントスは3試合連続のドロー。勝ち点3でグループ3位のまま、グループリーグ突破圏内へ順位を上げることは叶わなかった。試合後、ユヴェントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが以下のように語っている。クラブの公式HPが伝えた。

 FKを直接沈められノアシェランに先制を許した場面を、「試合の結果と相手のゴールの両方に怒りを覚えている。失点シーンのFKは不当なものだったし、彼らはただセットプレーかゴール前の混戦からのゴールだけを狙っていた。シュートは完璧だったから、私にはどうすることもできなかった」と振り返ったブッフォン。

 さらに、「前半はイーブンだった。だが、後半は1チームだけでプレーしているようだった。この結果はゲームの内容を反映したものじゃない。セリエAと何が違うかって? 各国からステップアップしてきたチームの大会なんだ。イタリアで満足できる結果が出ていてもヨーロッパでは十分じゃない。チャンピオンズリーグには簡単な勝利はないんだ。ノアシェランはチェルシーとの試合でも、75分は互角に戦っていた。これからはすべての力を注いで勝ちにいかなければならない。自分たちのありったけの力をね」と続け、巻き返しを誓っている。

 

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る