2012.10.24

敵地での完封勝利にバイエルン指揮官「歯を食いしばって勝利を掴んだ」

 チャンピオンズリーグのグループリーグ第3節が23日に行われ、グループFのバイエルンはリールと対戦。前回ファイナリストのバイエルンは20分に挙げたトーマス・ミュラーのゴールを守りきり、アウェーで1-0の勝利を収めた。同グループのBATEボリソフとバレンシアの対戦はアウェーのバレンシアが3-0で快勝。グループFはバレンシア、BATEボリソフ、バイエルンの3チームが勝ち点6で並ぶ混戦となっている。

 試合後、バイエルンのユップ・ハインケス監督が以下のようにコメントしている。クラブの公式HPが伝えた。

「こういう試合では勝利することが一番重要だ。我々は歯を食いしばって勝利を掴んだ。いつも抜群にいいプレーはできないんだ。だが、我々のチームはアウェーで勝利に相応しい戦いを見せてくれた」

「いつもほど試合を楽しんでいるように見えなかったかもしれないし、楽しめるだけの準備もできていなかった。こういう類のパフォーマンスで満足しなければならないことも時にはある。今日のようなゲームで大切なのは勝つことなんだ」

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る