2012.10.24

J・エルナンデスの活躍に頭を悩ませるファーガソン監督「誰を使えばいいのか…」

2ゴールを挙げて勝利に大きく貢献したJ・エルナンデス

 チャンピオンズリーグのグループリーグ第3節が23日に行われ、グループHでは日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uがホームでブラガと対戦。マンチェスター・Uは3-2で勝利し3連勝、グループ首位に立っている。試合後、ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が以下のように語っている。クラブの公式HPが伝えた。

“チチャリート”ことハビエル・エルナンデスが決勝ゴールを含む2得点を挙げ、「チチャリートは私に嬉しい課題を突きつけた。頭を悩ますよ。彼にロビン・ファン・ペルシー、そしてダニー・ウェルベック。正直に言うよ。誰を使えばいいのか私には分からない」と、心情を吐露したファーガソン監督。

 今シーズンのリーグ戦では先発出場が1試合のみと出場時間の少なかったJ・エルナンデスについて、「彼は常に成長している。熱意を持って試合に臨んでいるし、トレーニングでも素晴らしい。得点感覚は見事だ」と普段からの取り組む姿勢を評価し、「2点目はトム・クレバリーの素晴らしいボールから生まれたけれど、DFの背後でのチチャリートの動きが大きかったんだ」とこの日の活躍を称えた。

 さらに、「今シーズンの試合は失点してから反撃することが多い。前線の選手たちに救われているよ。失点が多い点は心配している。だが、今日は素晴らしい試合だったよ。多くのチャンスもつくれたし、スピード感のあるプレーで自分たちのゲームができていた。2点を先行された時は、ほとんどの人がこの結果を予想していなかっただろう。2点のビハインドを跳ね返すのは、ヨーロッパの舞台ではとても難しいことだからね。だけど、選手たちは見事にやってくれたよ」と試合を振り返っている。

[写真]=千葉格

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る