FOLLOW US

バルサがCL通算100勝目…終了間際の得点でセルティックに競り勝つ

チャンピオンズリーグで節目の勝利を挙げたバルセロナ

 チャンピオンズリーグのグループリーグ第3節が23日に行われ、グループGではバルセロナとセルティックが対戦した。

 ホームで戦うバルセロナは序盤から攻め込むが、18分にセルティックに先制点を奪われてしまう。右サイドのFKにヨルゴス・サマラスがヘディングで合わせたボールが、ハビエル・マスチェラーノに当たり、ゴールネットを揺らした。

 ホームでリードを奪われたバルセロナだが、失点後も次々とチャンスを作り、リオネル・メッシが直接FKで2度ゴールを狙ったが得点はできなかった。しか し、前半ロスタイムにはゴール前でメッシ、アンドレス・イニエスタ、シャビ・エルナンデスと繋ぎ、最後は再びイニエスタが蹴り込み、同点に追いついた。

 振り出しに戻った後半にも、バルセロナが一方的に攻め込むが勝ち越し点を奪えずに時間が経過。しかし、同点のまま試合終了かと思われた後半ロスタイムに 決勝点が生まれる。アドリアーノのクロスにジョルディ・アルバが飛び込み、バルセロナが土壇場で勝ち越しに成功。そのまま、2-1で競り勝った。

 バルセロナは3連勝でグループ首位を維持するとともに、チャンピオンズリーグ通算100勝目を挙げている。なお、グループGのもう1試合では、スパルタク・モスクワがホームでベンフィカに2-1と競り勝っている。

[写真]=Getty Images

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA