FOLLOW US

ミランがオウンゴールでゼニトに競り勝ち今季CL初白星…マラガは敵地で快勝

 チャンピオンズリーグのグループリーグ第2節が3日に行われ、グループCではゼニト・サンクトペテルブルクとミランが対戦した。

 アウェーに乗り込んだミランは、13分にウルビー・エマヌエルソン、16分にはステファン・エル・シャラーウィが得点。敵地で早々と2点のリードを得た。

 ところが、前半のロスタイムにゼニトのフッキにゴールを許して1点差に迫られると、49分にも再び失点。2点リードから一転、試合を振り出しに戻されてしまう。

 追いつかれたミランは、ジャンパオロ・パッツィーニとアントニオ・ノチェリーノを投入して、勝ち越し点を狙う。盛り返しを見せたミランは、ゼニトのトマ シュ・フボチャンのオウンゴールで75分に再びリードを得ると、そのまま逃げ切りに成功。敵地で3-2と競り勝ち、初勝利を挙げた。

 また、グループCのもう1試合であるアンデルレヒトとマラガの一戦は、アウェーのマラガがエリゼウの2得点もあり、3-0で快勝を収めている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA