FOLLOW US

マンC、終了間際の得点でドルトと引き分け…バロテッリが起死回生の同点PK

 チャンピオンズリーグのグループリーグ第2節が3日に行われ、グループDではマンチェスター・Cとドルトムントが対戦した。

 ホームにドルトムントを迎えたマンチェスター・Cは、前半からアウェーのドルトムントに再三シュートを浴びるがGKジョー・ハートが好セーブを連発。ス コアレスで前半を折り返す。しかし、61分にジャック・ロドウェルが自陣で痛恨のパスミスを犯し、マルコ・ロイスにボールを奪われると、そのままロイスに 得点され、先制点を許してしまう。

 先手を奪われたマンチェスター・Cは、その後も劣勢に立たされるが、81分にマリオ・バロテッリを投入して、反撃を試みる。しかし、同点に追いつけないまま時間は経過。敗色濃厚となったが、試合終了間際に大きなチャンスを得る。

 90分にセルヒオ・アグエロがペナルティエリア内で放ったシュートが相手DFの手に当たり、PKを獲得した。このチャンスをバロテッリが落ち着いて沈め、土壇場で同点に追いつくことに成功。1-1の引き分けに持ち込んだ。

 この結果、マンチェスター・Cは、1分け1敗で勝ち点1のグループ3位。ドルトムントは1勝1分けの勝ち点4でグループ2位となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA