2012.09.20

ビラノバ監督、2ゴールのメッシを称賛「リズムがどんどん良くなっている」

 チャンピオンズリーグのグループリーグ第1節が19日に行われ、グループGではバルセロナがホームでスパルタク・モスクワと対戦。バルサは後半に一度リードを許すなど苦しむも、リオネル・メッシの2ゴールで逆転し、3-2で勝利を収めた。試合後、バルサのティト・ビラノバ監督が会見に臨み、以下のように語っている。クラブの公式HPが伝えた。

「もっと苦しまず、簡単に勝利できれば完璧だったんだけどね。だが、こういうタイプの試合は、我々全員にとっていい経験になる。フットボールは簡単じゃない。逆転したことが、このチームが勝利に貪欲だということを証明している」

「ゲーム全体を通して、主導権は我々にあった。相手のフォワードが素早く、カウンターが危険だということは分かっていた。リードされた時、我々はスタイルを変更した。(ダニエウ・アウヴェスに代えてアレクシス・サン チェスを投入し)FWの選択肢を増やしたんだ。もちろん、ディフェンスが多少弱くなることは承知でね」

 また、ジェラール・ピケの負傷により開始12分に急遽ピッチに入ったアレックス・ ソングについて、「マルク・バルトラを入れるという手もあったかもしれないが、残っている時間が多すぎたし、ソングのほうが経験が豊富だ。それに、ソングは後ろから質の高いボールが出せる。彼はボランチをしていたプレーヤーだからね」と評価。

 同点と逆転のゴールを決める活躍を見せたメッシについては、「メッシはいいプレーをしていた。彼はシーズンが進むにつれて、リズムがどんどん良くなるんだ。先週のヘタフェ戦でも2ゴールを挙げている。文句のつけようがないよ」と賛辞を贈っている。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る