2012.09.20

決勝点を演出した香川、サポーターが選ぶMOM候補に「観る喜びを与えるプレー」

決勝ゴールを生んだ香川のプレーが高評価を受けている

 チャンピオンズリーグのグループリーグ第1節が19日に行われ、グループHでは日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uがホームでガラタサライと対戦。1-0でマンチェスター・Uが勝利を収めた。



 ユナイテッドの公式HPでは、マン・オブ・ザ・マッチ候補としてマイケル・キャリック、ダビド・デ・ヘア、香川、アントニオ・バレンシア、ネマニャ・ヴィディッチの5人を選出。サポーターに投票を呼びかけている。

 また、キャリックの決勝ゴールをアシストした香川について、「香川真司のプレーは観る喜びを与えてくれる。彼のファーストタッチは崇高で、最初の30分はガラタサライを混乱させていた。鋭いパスを2度、相手のDFラインに突き刺し、1度目のナニのシュートは防がれたが、2度目のパスがキャリックの決勝ゴールへとつながった」と、寸評を掲載している。

[写真]=Getty Images

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る