2012.09.19

マンCのマンチーニ監督、レアルに惜敗し「我々はもっと強くなる」

 チャンピオンズリーグのグループリーグ第1節が18日に行われ、グループDのマンチェスター・Cはアウェーでレアル・マドリードと対戦。レアルが3-2の勝利を収めた。ビッグクラブ同士の対決に惜しくも敗れたシティのロベルト・マンチーニ監督が、試合後に以下のように語っている。『スカイスポーツ』が伝えた。

 終盤にアレクサンドル・コラロフのFKでリード奪いながら、87分、90分と失点を許しての逆転負けに、「集中力は失っていなかった。だが我々はラインを深く下げすぎた。それが失敗のすべてだよ」と敗因を分析したマンチーニ監督。

 だが、「今の瞬間、我々は落ち込んでいる。でも、すべての面でもっと強くならなければいけないと、私は感じているんだ」と、さらなるチームのレベルアップを約束している。

 また試合中の選手交代について、「けがでサミル・ナスリとマイコンの2人を交代させなければならなかった。そこが問題だったよ。さらに攻撃的にするために、我々はセルヒオ・アグエロを投入したかったんだ。だが、代わりのプランを考えるしかなかった」と、思惑通りに運ばなかったことを悔やんでいる。

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る