2012.09.18

バイエルン主将のラーム、CL初戦の相手を警戒「バレンシアは偉大なチーム」

 バレンシアをホームに迎える19日のチャンピオンズリーグのグループF第1節を前に、バイエルンの主将を務めるドイツ代表DFフィリップ・ラームが意気込みを語っている。『ESPN』が伝えた。

「バレンシアは偉大なチームだ。チャンピオンズリーグの常連だし、スペインではバルセロナとレアル・マドリードに次ぐ力がある。我々のグループでは最強のライバルだ」と、対戦相手のバレンシアの実力に敬意を表したラーム主将。

 ブンデスリーガでは2シーズン優勝を逃しているが、「我々はトップクラスのチームだし、チーム内にも競争が必要だ。控えメンバーに強力な選手がいることが長いシーズンの戦いでは大きな差になる。昨シーズンはそれが欠けていた」と戦力の充実ぶりを強調。続けて、「もちろんリーグでも優勝したいし、我々は常に頂点を目指している。グループリーグであっても、その姿勢を変えることは許されないんだ」と、初戦から全力で挑むことを誓っている。

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る