FOLLOW US

アーセナルの守護神シュチェスニーが足首の負傷でCL初戦を欠場

 アーセナルのポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーが、18日にアウェーでモンペリエと対戦するチャンピオンズリーグのグループB第1節のメンバーから外れたことが明らかになった。シュチェスニーが足首を負傷したためで、モンペリエ戦のGKはヴィート・マンノーネが務めることになりそうだ。また、控えGKとしてジェームズ・シェイが招集されている。

 シュチェスニーは今シーズンのプレミアリーグ開幕戦に出場した後に肋骨を負傷。15日に行われた第4節のサウサンプトン戦で復帰したばかりだった。

 アルセーヌ・ヴェンゲル監督はクラブの公式HPで、「彼は15日の試合前に負傷していた。(シュチェスニーがファンブルした)失点シーンに影響があったかどうかは分からない。彼は問題ないと言っていたが、試合前にはもちろん“GKを変更すべきだろうか?”という迷いがあった。だが、我々は彼の起用を決断したんだ」と、シュチェスニーについてコメントしている。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO