FOLLOW US

初戦で日本下したオマーン代表が黒星…サウジアラビアは2連勝スタート

先制点をアシストしたアル・ムワラド(写真は2019年のもの) [写真]=Getty Images

 FIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選グループB第2節が7日に行われ、初戦で日本代表を破ったオマーン代表はサウジアラビア代表と対戦した。

 初戦を白星で飾った両チームの一戦は42分に試合が動く。サウジアラビアはサルマン・アル・ファラジが前線にスルーパスを供給すると、ファハド・アル・ムワラドがヒールで折り返す。最後はサレー・アル・シェフリが右足のダイレクトで放ったシュートがゴールに突き刺さり、サウジアラビアが先制に成功した。

 オマーン代表は後半に選手交代などで反撃の機会を窺うがゴールは遠く、試合はそのまま終了。サウジアラビア代表が1-0で勝利して2連勝スタートを飾った。一方のオマーン代表は勝ち点3で日本代表と並ぶこととなった。

 日本代表は10月にサウジアラビア代表、オーストラリア代表と対戦する予定で、どちらもグループBで2連勝中の難敵と相まみえることとなる。

【スコア】
オマーン代表 0-1 サウジアラビア代表

【得点者】
42分 サレー・アル・シェフリ(サウジアラビア代表)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO