FOLLOW US

158センチのMFがリーグ戦初ゴール! Kリーグで史上“最小”スコアラーが誕生

Kリーグで史上“最小”スコアラーが誕生 [写真]=Getty Images

 Kリーグでユニークな記録が生まれた。

 10月24日に行われたKリーグ2(2部リーグ)第25節の全南チョンナムドラゴンズ対大田テジョンハナシチズン戦で、大田のMFエジーニョが2ゴールをマーク。エジーニョの身長は158センチで、Kリーグ史上“最小”選手スコアラーとなった。試合はこの2得点で大田が2-1の勝利を飾っている。

 ブラジル出身の25歳は、今夏の移籍市場で大田にレンタル移籍で加入。攻撃的MFが本職ながら、シャドーストライカーやサイドアタッカーもこなせるマルチロールで、小柄さを生かしたアジリティを持ち味としている。

 2013年にフォルタレーザでプロデビューしたエジーニョは、これまでブラジル国内のクラブを渡り歩き、昨シーズンはアトレチコ・ミネイロから古巣のフォルタレーザにレンタル移籍して29試合出場3ゴール1アシストを記録していた。

 Kリーグ参戦以降は11試合に出場して1アシストのみと、さしたる活躍を披露できずにいたが、今回のゴールが加入78日目にして念願の初得点となった。

 ちなみに、エジーニョ以前のKリーグ史上最小選手には、2013年から2017年まで水原三星スウォン・サムスンブルーウィングスでプレーした165センチのブラジル人FWサントスがいる。同選手は2014シーズンにKリーグ得点王とベストイレブンを受賞するなど、水原三星の中心選手として活躍した。

文=ピッチコミュニケーションズ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA