2019.05.16

リヴァプールの背番号「9」にフランスから移籍の誘い? パリ・サンジェルマンが獲得を目指す

リヴァプールで活躍するロベルト・フィルミーノ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールに所属するブラジル代表FWロベルト・フィルミーノを、パリ・サンジェルマン(PSG)が狙っているようだ。イギリスメディア「Sports Mole」が報じている。



「Sports Mole」によると、PSGは今夏の移籍市場でフィルミーノを獲得したいと考えている模様。PSGの現在のエースはウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニだが、同選手とクラブとの現行契約は残り1年となっており、マンチェスター・Uチェルシーなどプレミアリーグの複数クラブが今夏の獲得に興味を示していることが伝えられている。仮にエースが移籍するとなれば、PSGは代わりとなるFWの確保に急ぐことだろう。

 だが同時に「Sports Mole」は、PSGのフィルミーノ獲得は一筋縄ではいかないだろうとも伝えている。今シーズンのプレミアリーグで34試合に出場し12ゴールを挙げたフィルミーノが、自らクラブに退団を要求する可能性は非常に低いからだ。また、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、フィルミーノを重要な戦力の一人と考えている点も、PSGの獲得オペレーションをより難しくする。

 とはいえ、豊富な資金力を有するPSGが、なりふり構わずフィルミーノ獲得に打って出る可能性も捨てきれない。リヴァプールの背番号「9」は、来シーズンも『アンフィールド』にとどまるのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る