2018.02.17

悲痛な思いを胸に…子供を亡くしたGK、仲間に打ち明けず試合に出場

サッカー
悲しみにくれるサッカー選手 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イラク・プレミアリーグでプレーするGKアラー・アハマドは、とある秘密を隠しながら試合に出場していた。イギリスメディア『BBC』が報じている。

 ナフト・メイサンに所属する同選手は、15日に行われたアル・ショルタ戦に出場した直後、人目をはばからず泣き始めた。自身の息子を同日に亡くしていたからである。

 さらに、アハマドは仲間に心配をかけまいと、悲痛な胸の内を、試合前に誰にも打ち明けることはなかった。ピッチ上で感情を抑えられなくなった同選手は、チームメイトに支えられながらロッカールームへ引き上げていった。

 昨年11月には、アメリカンフットボールの選手も同じような境遇に陥っていた。マークス・ゴドウィンは、新しく生まれた自分の息子が亡くなった数時間後に試合に出場してゴールを決めた。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る