2018.01.15

ウェールズ代表監督にギグス氏が就任へ! 4人の候補者の中から選ばれる

ライアン・ギグス
ウェールズ代表の監督に就任するギグス氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ウェールズサッカー協会(FAW)は新監督として、かつてマンチェスター・Uで活躍した元ウェールズ代表MFライアン・ギグス氏を招へいするという。また、契約期間は4年間であるとも報道され、現地時間15日の午後にカーディフで記者会見が行われる。イギリスメディア『BBC』が報じた。

 2012年から同代表を率いてきたクリス・コールマン氏が、11月にサンダーランドの指揮官に就任したことを受け、FAWは4人の候補者と面談した結果、ギグス氏と契約も結ぶことに決めた。

 1991年に同代表デビューを飾ったギグス氏は、2007年の代表引退まで64試合出場12ゴールをマークし、キャプテンとしてチームを率いていた。同メディアによると、現役時代の活躍が評価され、代表監督の候補に長年挙がり続けていたという。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る