2014.09.30

ニューカッスルのMFティオテ、一夫多妻で修羅場に

ティオテ
2人目の妻と結婚したティオテだが、“第3の女性”の出現で思わぬ事態に [写真]=Getty Images

 開幕から不振が続き、6試合でいまだ未勝利と苦しんでいるニューカッスルだが、プライベートでも混乱のまっただ中にいるのが、副キャプテンを務めるコートジボワール代表MFシェイク・ティオテである。
英紙『ザ・サン』が、29日に驚きの記事を掲載した。

「ティオテ、2度目の結婚」

 彼には離婚歴があるわけではない。なんと、彼は「2人目の妻」と結婚式を挙げたというのである。

 ティオテは2010年に“1番目の妻”であるマダーさんと結婚。ノースイーストで2人の子供と4人暮らしをしている。そして今年8月、ティオテはレティシア・ドゥクルさんという女性と母国コートジボワールで結婚式を挙げた。いわゆる“一夫多妻”である。

 日本と同じように、英国でも一夫多妻は法律で禁じられている。それだけにこのニュースは驚きをもって報じられたが、当の本人は「何が問題なのか?」という姿勢らしい。というのも、ティオテは敬虔なムスリムであり、イスラム教では「4人の妻を有すること」が認められているからだ。

 コートジボワールでも1964年から複婚を許可する法律は廃止されているが、西アフリカ諸国のイスラム・コミュニティでは今も一夫多妻が多く見られ、実際に法律違反で罰せられることも少ないのだとか。今回のティオテのケースに関しても、“1番目の妻”マダーさんが2番目の妻をめとることに合意しており、家族関係について問題はないそうだ。

 だが、問題は別のところにあった。ティオテの結婚(2度目)を受けて、“第三の女”が現れたのである。ジンバブエ出身のニッキ・エムポフさんは、3年前からティオテと交際しており、2人の間には子供もいる。その愛人が、「ティオテに騙された」と『ザ・サン』に怒りをぶちまけたのだ。

「彼が2人目と結婚したと聞いて、ビックリしたわ。彼は私と結婚すると話していたのだから。彼は私の母とも会って、複数の妻を持つことに問題はないと言っていたし、私も不安はなかったの。でも、他の誰かと結婚するなんて知らなかった。私はボロ雑巾みたいに扱われたのよ。あんなヤツ、ただのブタよ!」

 ティオテがエムポフさんを“3人目の妻”として考えていたのかどうかは定かでないが、隠し事をされて怒り心頭の愛人エムポフさんは、ティオテに別れを突きつけたそうだ。なんともややこしい痴情のもつれだが、ニューカッスルはこの件についてノーコメントを貫いている。

(記事/Footmedia)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
9pt
マンチェスター・C
7pt
アーセナル
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
6pt
ライプツィヒ
6pt
フライブルク
6pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
6pt
アトレティコ・マドリード
6pt
レアル・マドリード
4pt
欧州順位をもっと見る
ラツィオ
3pt
ナポリ
3pt
アタランタ
3pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング