2014.06.30

コスタリカ代表、PK勝利の裏に“元Jリーガー”ワンチョペの貢献あり

ワンチョペ
元FC東京のワンチョペはコスタリカ代表のコーチを務める [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのベスト16でギリシャ代表と対戦し、コスタリカ代表はPK戦の末、史上初のベスト8進出を果たした。

 後半途中にDFオスカル・ドゥアルテが退場し、以降は延長を含む約1時間を10人で戦ったにも関わらず、コスタリカはPK戦で5人のキッカー全員が成功を収め、勝利を手にした。

 前日のブラジル対チリを見てもわかるように、PK戦は、どんな名手でも失敗は避けられない。だが、疲労困憊の中でコスタリカが勝利を収めた背景には、現代表のアシスタントコーチを務めるパウロ・ワンチョペの貢献があった。

 ワンチョペは、かつてマンチェスター・シティーや、JリーグのFC東京でもプレーした元コスタリカ代表の英雄的ストライカー。現在は代表コーチとして主に攻撃面の指導を担当している。

 コスタリカのニュースサイト『Crhoy.com』によれば、PK戦のキッカーについても、事前練習ですべて彼が決めていたという。さらに、彼の豊富な経験に基づくアドバイスが功を奏し、選手たちは疲労と重圧の中でも冷静に、自信を持ってPKに臨むことができたのだという。

 ホルヘ・ルイス・ピント監督も、ギリシャ戦後のインタビューでこうコメントしている。

「(PK戦の前に)私は選手たちに、自信と冷静さを持つよう伝えた。PK戦にどう臨むかは、パウロ・ワンチョペと事前に決めていたからね。誰がキッカーを務めるのか、そしてどういう順番で蹴るのか。すべて試合前に準備できていた」

 ただ、同国の一般紙『アルディア』によると、本番では一カ所だけ変更があったようだ。それは2番目のキッカーを務めたキャプテンのブライアン・ルイス。彼は筋肉系のケガを抱えていたためキッカーに選ばれていなかったが、自ら志願してPKに臨んだそうだ。

「最初はPKキッカーのリストに入ってなかったんだ。でも、パウロ(ワンチョペ)に蹴りたいと志願したんだ」

 ルイスを含め、全キッカーがPKを成功させたコスタリカ。その背景には、“元Jリーガー”の入念な準備と指導があった。

(記事/Footmedia)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング