2014.05.27

ウルグアイ代表チーム医師「うまくいけばスアレスは初戦に間に合う」

スアレス
左ひざ半月板の手術を行ったスアレスはW杯出場が危ぶまれている [写真]=Getty Images

 ウルグアイ代表のチームドクターであるアルベルト・パン氏が、左ひざ半月板の手術を行ったルイス・スアレスの容態について説明した。ウルグアイのスポーツメディア『Tenfield』が伝えている。

 報道陣からスアレスの様子について質問を受けたパン氏は、次のように回答した。

「昨日話したが、スアレスは手術した箇所に『痛みはない』と言っていた。術後の経過はすごく良好で順調に回復している。あと5日程度は安静が必要だが、来週からはひざに負荷をかけるトレーニングも始められるだろう。すべてがうまくいけばウルグアイ代表の初戦が行われる6月14日に間に合うだろう」

 それを聞いた一部の記者から「スアレスはワールドカップに出場できると捉えて問題ないか」という質問が飛ぶと、同氏は「それは時期尚早だ。今の時点では断定できない」と回答。余計なことは考えずに、スアレスの復帰を全力でサポートする意向を表明した。

(記事/Cartao Amarelo)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る