2014.05.18

ホンジュラス代表MFルイス・ガリードの代表離脱は回避

ルイス・ガリード
W杯予選のアメリカ戦でプレーするガリード [写真]=Getty Images

 ケガのため別メニュー調整を続けていたホンジュラス代表MFルイス・ガリードだが、検査の結果、代表から離脱する事態は免れそうだ。ホンジュラス紙『ディエス』が伝えている。

 アメリカでのキャンプを実施しているホンジュラス代表。午前中はビーチで、午後はピッチでトレーニングを行っているが、ガリードはただ一人ホテルに残り、メディカルスタッフの治療を受けていた。

 ケガの状況について、チームドクターのラウール・ペレス医師は記者会見を開き、次のように語った。

「筋肉の断裂は見られず、炎症を起こしているだけ。重大なものではないし、W杯には間に合う」

 ガリードは5月1日の国内リーグ決勝で右大腿部を負傷していた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング