FOLLOW US

ボカ退団のリケルメ「40歳までは現役を続けたい」

35歳のリケルメは今シーズン限りでボカを退団する [写真]=Getty Images

 元アルゼンチン代表のフアン・ロマン・リケルメは、11日に所属するボカ・ジュニオルスでのホーム最終戦となるラヌース戦に出場。後半43分にベンチへと退いたリケルメには、スタンドから温かい拍手が送られた。

 現在35歳のリケルメはボカとの契約が今シーズンで切れるが、今のところボカとの契約更新は行っていない。現地アルゼンチン国内では今シーズン限りでリケルメが引退するなどという報道を発信した一部メディアもあったが、当の本人は11日の試合後にそれを否定した上で次のように述べた。

「試合に出ることが好きだから、40歳までは現役を続けたいと考えている。ボカに残るか、他のクラブチームに移籍するかは未定だけど、ひとつ言えることはボカでプレーしてきたことがものすごく幸せだということ。サポーターから恩返ししきれないほどの愛情を受けたし、心から感謝している」

 そして40歳まで現役を続けることについては「親友のような存在でもある我が弟との賭けだ。ここからさらに4年は長いけど、コンディションは良いし楽しくプレイできているから、40歳まで続けられると思っている」と述べた。

 今も衰えない卓越した技術でこれまで何度もチームを救ってきたリケルメに対するサポーターの愛情は強い。先週はリケルメの契約延長を望むプラカードを持った多くの市民が街頭に溢れて、その模様が現地の新聞に掲載されたほどだ。11日の試合でもスタンドからはリケルメの契約延長を切望する声が無数に飛び交っていた。国内リーグは最終節が残っているが、早くも来シーズンのリケルメの去就に注目が集まっている。

(記事/Cartao Amarelo)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO