2013.05.27

日本の中高生がチェルシーFCのユースチーム練習を体験

チェルシーFCのユースチーム練習を経験した流通経済大柏高とJフィールド岡山のメンバー

『adidas UEFA YOUNG CHAMPIONS JAPAN』の勝者として、UEFAチャンピオンズ・フェスティバル会場で開催された『adidas UEFA YOUNG CHAMPIONS Global Final』に参戦した流通経済大柏高とJフィールド岡山のメンバーがチェルシーFCのユースチームのコーチが指導するトレーニングに参加。コブハムにあるチェルシーFCの練習場で汗を流した。

 34面のコート数を誇る同練習場に到着したメンバーは施設の規模感に驚きながらも、用意されたロッカールームで着替えた後、トレーニングを開始。ウォーミングアップからパス回し、シュート練習、ミニゲーム、最後のストレッチまで、すべてが分刻みの濃密なメニューをこなしたメンバーは終了後に次のようなコメントを残している。

「日本でもいい練習をしていると思いますが、また違った視点からたくさんのことを学ぶことができたので、本当にいい勉強になりました。こういう環境は日本には絶対にありませんし、こういうところでプレーできるように、これからも頑張っていきたいと思います」

「将来、チェルシーのようなチームでプレーしたいと思いました」

「スピーディーにゴールへと向かう部分が日本と違うと思いました。ファーストタッチとか、練習の一つひとつのメニュー、すべてがゴールにつながるものでした」

「日本での練習メニューとすべてが違うというわけではありませんが、ここでのトレーニングではファーストタッチをより重視していたと思います。ファーストタッチの重要性を再認識しました」

「ここでの練習が自分自身に生かせると思うので、日本に帰ってもしっかり上達したいです。高校で日本一になることが目標なので、それに向かってまた練習していきたいと思います」

 トレーニングに参加した流通経済大柏高の鳥井翔太選手、濱野勇二選手、澤田篤樹選手、浅沼拓己選手、新垣貴之選手、北村弘樹選手、Jフィールド岡山の工藤竜平選手、大森凌真選手、丸山智弘選手、長畑大地選手、平岩和也選手、秋山直登選手は確かな手応えを得て、今後の飛躍を誓った。

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る